不動産時事放談| 仲介業者は選べる

仲介業者は選べる

不動産購入を考えている皆様、不動産を買うとき仲介業者は自分で選べるってご存じですか?

私が(ほぼ)毎日更新している【パトふれくん】では何度もお伝えしていますが、ほとんどの方は『物件を購入するときは物件情報を掲載している業者を通して購入をしなくてはいけない』と思われています。

実はそうではありません。仲介業者は自分で選んだ人に依頼できるのです。

ただ全ての物件ではありません。新築分譲マンションは販売会社から購入しなくてはいけない場合がほとんどですし、新築戸建てや中古物件も決まった不動産業者を通して購入しなくてはいけない場合もあります。

しかし多くの物件は、自分のために価格交渉や取得のための実務をしてくれる仲介業者を通して購入することができるのです。

全く知らない不動産業者より、自分のことを分かってくれていて、自分もその人のことを知っている不動産業者に住まいを購入するための交渉や実務をやってもらいたくありませんか?

堤エステートでは不動産を購入する前にまずは資金計画を組み立てることと、買うべき不動産を知ることが必要を考え、2016年から【購入前コンサルティング|みのたけ家】をスタートさせました。

年収が同じでもお客様の家族構成やライフプランによって購入すべき物件は違ってきます。まずはそこから検証することで予算や立地などを絞り、探す物件を明確化していきます。また不動産の価格や知識、業界を知ることで選ぶ物件の精度を高めていきます。そして最終的な交渉や実務は私に任せてもらう、この流れが確立していきました。

そして気が付けば私を仲介業者として選ぶ仕組みができていきました。これこそが本来の不動産業者の仕事であると感じたのです。


物件に問合せをしたら仲介業者が決まってしまう現状

まずは今の仲介業者が決まる現状を説明します。

不動産を購入するとき、まずは何をしますか?多くの人は物件情報サイトを見て、気になる物件の情報を出している不動産業者に問合せをするのではないかと思います。

実はこの【業者への問合せ】が仲介業者の選定おいて重要なことになります。

日本の不動産業界において、【物件の問合せを受けた業者が自動的にその人の仲介業者になる】という慣習があります。つまり問い合わせした業者があなたの仲介業者になるという事です。

問合せした業者があなたの仲介業者になる…

日頃、物件情報を見ている人は見たことがあるかもしれませんが、物件一覧で多くの業者が同じ物件を掲載していることがあります。

これは『どの業者でも広告をしていい』売主物件や一般媒介物件を自社の物件として掲載して『反響を得れば自動的に仲介業者となる』ことを狙っているのです。

この方法が悪いわけではありませんが、不動産業者は物件を売らない限り報酬である仲介手数料を得ることができません。そのため多くの不動産業者はお客様からの反響を待って物件を売りたいと考えているのです。

たまたま目にした物件情報を掲載している不動産業者はどんな業者なのか分かりません。不動産業者全員が、プロとして不動産の知識が豊富で様々なアドバイスをしてくれて、価格等の交渉力もある業者とは限りません。

また不動産を購入する際には仲介業者とのやり取りも多くなります。業者との相性もありますので、物件は気に入っていても仲介業者に不満を持つ人もいる、という話もよく聞きます。

仲介業者とは不動産を購入する人にとって大きな役割を担う大切な存在です。不動産を購入しようとする人は、このような不動産業界の慣習や業者の心理も知るべきでしょう。


物件を探す前に不動産業者を選ぶ

冒頭に記載したように、仲介業者は自分で選ぶことができます。物件の問合せは自分の選んだ仲介業者から連絡をしてもらえばいいのです。気になることは業者から聞いてもらいます。

堤エステートではこの『物件ではなくまず不動産業者を選ぶ』というスタイルを有料会員制にて行っています。

有料会員制は25年前から運営しており、当初は競売不動産を取得するための会員制としてスタートしました。現在は【不動産を購入したい】【不動産を売却したい】【不動産について相談したい】【不動産について勉強したい】方々が会員となってもらっています。

その中で一番多いのは【不動産を購入したい】会員様です。皆様、入会するときは欲しい物件は決まっていません。『住まいが欲しいけど何からしていいか分からない』状態です。

そこでまずは私と話をしてもらいます。お客様の希望を聞きつつ、私は不動産についての考え方・買い方のお話して、納得をしてもらったら会員登録を行っていただきます。

堤エステートの会員制は有料です。税込みで年間49,500円もかかりますが、結果的に会員様は私を専属の仲介業者として選んでもらっています。

堤エステートでは私が会員様全てを対応するので、身の丈以上の会員登録は承っていません。容量オーバーになると入会をお断りすることもあります。

まず物件を探す前には、会員様とはたくさんお話をして会員様のご希望やライフプランを教えてもらいます。

2020年のコロナ禍によって、堤エステートでは会員様との面談をほぼ100%オンラインに切り替えました。これによって遠方の会員様も増加、ご相談も対面と遜色なく気軽に行えるようになりました。

オンライン面談

また会員様からのオンライン相談のご予約や気になる物件のお知らせ、不動産についての質問等、通常のやりとりは気軽にLINEで送ってもらいます。

堤エステートLINE

これらを活用しながら定期的にやり取りをすることで会員様も不動産に対する知識も増えてきます。話をする中で会員様の希望が変わることもありますが、それらは常に共有していきます。

また会員に登録いただくと、堤エステートが業者しか知り得ないデータを独自にシステム構築している【不動産の価格を透明化するデータマイニングサイト】を利用してもらいます。

これに利用しつつ、まずはご自身でインターネット上から探された物件をシステムで検証してもらい、価格を分析したうえで、気に入った物件をお知らせしてもらいます。

お知らせしてもらった物件はプロの目で見て検証し、ダメ出しを行います。すぐに案内をするわけではありません。見る価値がない物件も多いからです。この方法を繰り返すと、会員様自身の目が肥えてきます。ダメ出しも少なくなり、案内に至る物件も増えてきます。

会員様は私を仲介業者に選んでいるので、物件の問い合わせは私から行います。

物件には自分で問い合わせない。これが重要です。自分で問い合わせをしてしまうと、問い合わせを受けた業者が仲介業者になってしまいます。

これが堤エステートの仲介システムであり、自分の専属の仲介業者を持つとはこういうことと考えています。これは私にとってもお客様でもある会員様にとっての最良の購入方法と思っています。

私は何も『仲介業者として堤エステートを選んで欲しい』と言いたいためにこのページを作っているわけではありません。(選んでくれればうれしいですが)

問い合わせしたら自動的に仲介業者となる不動産業の常識を知ったうえで、その業者に仲介手数料を払う価値があるかどうか見極めることです。

不動産を購入したい多くの方に【仲介業者は選べる】ということを知ってもらいたいものです。


不動産業者は選ばれる業者を目指すべき

堤エステートのHPは多くの不動産業者も見ています。その不動産業者から見ると『物件の情報が無いとお客様と繋がれない!』と思う人も多いかもしれません。

しかし私もあなたと同じ不動産業者です。しかし現在は、お客様からの問い合わせの多くは物件情報からではなく、相談やコンサルティング、競売不動産など様々なコンテンツからお問合せをいただきます。

つまり物件だけに頼らない、時代に合ったサービスとコンテンツを提供しているのです。

不動産業のHPはどこも似たり寄ったり、あなたの会社のHPには、お客様にとって得るものはありますか?

私は選ばれる不動産業者を目指すために、毎日更新している【パトふれくん】や月1回は更新している【不動産時事放談】など、HPを訪れたお客様にとって為になるコンテンツを提供することをいつも考えています。

パトふれくん物件一覧はこちらから
不動産|時事放談

もちろん物件情報は毎日チェックし、不動産業に関する情報収集は欠かしません。さらに不動産だけでなく金融・経済・株式等の情報収集もYouTubeを含めて日々アップデートしています。これらのことは私を仲介業者に選んでいただいている会員様に知識として還元することができます。

今後、人口は減っていくのに不動産業者の数は増え続けています。旧態依然のやり方を続けていくのでは先は見えていませんか?選ばれる不動産業者になるチャンスはまだまだあるはずです。


関連記事一覧