【セルフ型仲介の実例】欲しい物件は自分で探す!

セルフサービスの仲介で手数料を割引しよう

堤エステートのサービスで、最近人気の『セルフ型仲介』。とてもお問合せが多いサービスです。

このサービスは、仲介業者の利益である、仲介手数料を割引することはできないか?という発想から生まれました。最近では仲介手数料を割引にする業者も出てきましたが、このサービスを思いついた2006年当時は、ほとんどの業者が仲介手数料を上限である販売価格の3%+6万円+消費税と設定していました。

新しく斬新でお客様に喜ばれるサービスを提供したい! そう考えている私にとって仲介手数料を割引にするサービスは挑戦でした。しかし単純に割引するだけでは能がありません。お客様にとっても、そして仲介をする私共にとってもメリットがあるシステムにしたいと思ったのです。そして思いついたのが、『セルフサービスの仲介』

ファーストフード店やガソリンスタンドで見かけるセルフサービス。お客様自身が少し動くことで、安価なサービスを提供できる、この仕組みは大変合理的です。これを仲介業務に活かすことはできないか…。そこで考えました。お客様自身で行ってもらうことで、業者の手間が省けること且つ、お客様にとってもメリットがあること。そう、それは物件の情報探しと下見ではなかろうか!

物件探しの現状と問題点

多くのお客様は、インターネットや情報誌で気になる物件を探し、その物件を掲載している業者に問い合わせを行います。問合せのあった業者は、お客様が内覧を希望すれば案内をしますが、案内しても気に入らなかったら、お客様がその業者に欲しい物件の条件を伝え物件を探してもらうか、また別の物件を探して新たな業者に問合せをする…、その繰り返しになるかと思います。しかし、ここにはいくつか問題点があります。

まずお客様にとっての問題点、それは気に入る物件が見つかるまで多くの業者から案内をうけるため、その都度、希望の条件や、時にはお客様自身の年収やお勤め先などの個人情報を話さなくてはいけません。

また業者にとってお問合せいただいたお客様は見込み客なので、案内後も営業をされてしまいます。しかも紹介される物件は既にネットで見ているものばかり…。そんなことも多いのではないでしょうか?

一方、業者にとっても問題点があります。不動産業者は見込み客を複数抱えています。お客様全員の好みを常に把握し、情報を提供するために、毎日更新される膨大な数の物件情報を調べ続けることは、限界があります。

また物件の案内は重要な営業活動の一環ですが、情報で見た写真や間取は気に入ってたけど、実際に案内をすると立地や環境が気に入らず、室内を見る前にお断りされるケースも多々有ります。

このようなことが一人のお客様で続くと、業者にとっては時間と労力がかかり、そのコストを取り戻そうとして、押しの強い営業をしてしまう傾向があるのです。

本来ならお客様の好みは、お客様自身が一番知っています。幸い福岡の不動産業界はインターネットの情報が充実していてお客様と不動産業者の取得できる情報量に大差はありません。かえって自分のための情報収集に専念できるお客様の方が、お宝物件を探してくることも多くあります。

ならば情報は自分で探し、実際に見てみたい物件の案内や仲介業務を、自分の事を良く分かっている専属の不動産業者にやってもらった方が良くないでしょうか?同時に専属の不動産業者からは、その物件が金額的にも最適かどうか、プロの目からみて問題はないかどうか、資金計画に無理はないかどうか等々様々なアドバイスをもらいながら、お客様が納得のいく物件購入ができるシステムを考えました。

このシステムは、業者にとってもメリットがあります。業者はお客様が探してきた物件情報をもとに、掲載業者に問合せをしてその物件の場所を確認、お客様に資料送付と場所をお伝えます。それをもとにまずはお客様自身で下見。お客様が、物件の外観や立地・環境を気に入ったら内覧を依頼、こちらで手配をします。この流れによってお互い無駄が省けるため、業者としてもコストカットができます。

お客様自身で情報を探してもらう
お客様自身で下見をしてもらう

これでコストを下げることができ、仲介手数料の割引が可能になる!そう確信したのです。

満足いく住まい探しには努力が必要

こうしてできた『セルフ型仲介』。ホームページでサービスを公開したところ、徐々にサービスのお申し込みをいただきました。

ある日、N様というお客様から『セルフ型仲介』として、物件のお問合せをいただきました。お問合せをいただいたのは奥様。インターネットで当社を見つけていただいたそうです。その時は新築一戸建てと、他業者が出している中古一戸建ての物件でした。早速当社から新築の売主と、中古の仲介業者に問合せをして物件資料を取り寄せました。

そしてお客様に、新築一戸建ては当社が売主から直接ご紹介ができる物件なので、仲介手数料が上限より50%割引(現在は新築一戸建ては2,500万円以上は0円)、中古物件は取引態様が専属専任だったため、仲介手数料が30%割引になるとお伝えし資料も合わせて送付しました。

すると、お客様の方から「まずは下見を自分達でしてきます。」と言われました。しかも下見には交通機関を使ってされるとのこと!面倒ではありますが、これによって車で行くのでは分からない、駅からの距離や自分の足で近隣環境を確かめることができるのです。

セルフ型仲介のお客様に言えることは、熱心で努力をされるお客様が多いこと。その中でも、N様は特に努力をされていました。その時の物件は、下見の段階で条件が合わないことが分かったため却下。そこからN様の物件探しがスタートしました。

会員登録もいただきました

N様に最初のお問合せをいただいたのが2月の上旬。まずは何回かご自身が探されてきた物件情報をメールで送っていただき、私共から業者に問い合わせ、そしてN様が下見…という流れを繰り返していました。やり取りはメールとお電話。いろいろやり取りをしていくと希望する条件も明確になっていきます。

しかしなかなか内覧をしてみたい…という物件にたどりつけません。途中、N様はなかなか内覧まで行き着かないのに、当社から他の業者に問合せをすることを気の毒に思っていただいたのか、「私の方から下見をするために住所だけ聞いてみましょうか…。」と言われたのです。「そんなことは全く気にする必要はありません!どんどん聞いてください!!」

N様は、そのころ既に7-8件下見をされていましたが、内覧には行き着いていませんでした。しかし通常だったらそれを全部内覧していたところが、下見をしてもらうことで選別してもらっています。つまりお客様自身で動いていただくことで、私共はとても助かっているのです。

そして最初のお問合せから約3ヶ月、ちょっと物件探しに行き詰ったN様は、当社までご相談にお越しいただきました。まだ一度も内覧がなかったため、初めてお会いするN様。とても仲の良いステキなご夫婦です。

詳しい購入希望の理由をお聞きし、予算や年収などを詳しくお話いただきました。そして、プロの目から見た資金計画や購入方法のパターンなどをアドバイス。今後の方向性も話し合いました。N様も実際に会ってお話できたことで、また不動産購入の意欲を取り戻したようです。そしてN様は堤エステートに会員登録をしたいと申し出ていただきました。

通常、『セルフ型仲介』は会員登録がなくてもご利用いただけます。しかし、会員様になっていただくことで、お客様専属の不動産業者として、より密接なサービスを提供できます。N様に会員登録の申し出をいただいたことは、当社のサービスを認めていただいたこと。とてもうれしく思いました。

ついに出逢った理想の住まい

気を取り直して、さらに物件探しは進みます。その後いくつか内覧のお申込みをいただき、当社から手配をして内覧に同行。業者として気になる点は正直にお伝えしたり、N様自身からご質問いただいたことを、私から業者に問い合わせをするなど専属の不動産業者として頑張りました。

そして6月も後半、ついに条件に見合う物件に辿り着きました。その物件は筑紫野市の中でも人気エリアの一つにあり、建物は50坪以上、土地も100坪以上の立派な物件でした。私も『なかなか良い物件だなー。』と思いつつご主人のお顔を見るとワクワクした顔をされています。奥様はとても広い住まいにちょっと心配そうでしたが、ご主人の様子を見られて決められたようです。

『私たちの住まいはこの家だ!』

最初のお問合せから4ヶ月以上、下見をされた物件数は当社にご連絡いただいた物件で18件を超えていました。

理想の住まいはお客様自身が一番知っている

その後、着々と購入のための業務を進めていきます。気になる点の問題をクリアし、価格の交渉や契約の準備等など。もちろん仲介手数料は上限より30%割引です。

また、購入後リフォームも行うことになったので、私が通常、仕入れた物件のリフォームさせている業者に『限りなく業者価格に近づけて!』とお願いをして、ご紹介をしました。もちろんお客様にはご自身でも他の業者を当たり相見積をとるようオススメしましたが、紹介した業者に依頼をしていただきました。

そして契約も終わり引渡しは8月。家祓いもされたいとのことでしたので、私ももよくお願いをする飯盛神社の神主に来ていただきました。もちろん私も参加しました。ご家族が全員揃って、新しい住まいでの生活が始まります。最後に、N様には下記の言葉をいただきました。

たまたまネットサーフィンしていて、御社を知り、お世話頂くようになって、たくさん良いことが起こりました。夫とも「ツイているよね」と話しております。感謝の気持ちでいっぱいです。

大感激です。

購入いただく不動産に住まわれるのはお客様自身。努力をされ、熱心に住まい購入に臨まれるお客様は、本当に良い物件に出逢われます。私共はそんなお客様を不動産業のプロとしてバックアップする役目です。

私は良いことばかり言うわけではありません。購入をする際に絶対に無理をして欲しくないので、購入を止めることも多々有ります。それもプロとしての役目と思っています。

『セルフ型仲介』は、お客様と私共にも根気が必要なサービスです。しかし、満足いく住まいを探したい…、そんなお客様には自信を持ってオススメします。

関連記事一覧