223style|堤エステートの223スタイル

223style|二人三脚で目的を達成する223スタイル

堤エステートはアメリカでは【エージェント制】と呼ばれる不動産業者の仕組みを日本向けにアレンジした有料会員制の【不動産のかかりつけ医】として、独自のスタイルで不動産に関するあらゆるご要望にお応えしています。この独自のスタイルを当社では【223スタイル】と呼んでいます。

ご要望は売却・競売不動産取得・不動産についての相談等、様々なものが寄せられますが、会員様の中で一番多いものが『不動産購入』です。不動産購入において【223スタイル】の一番のポイントは、会員様自らがプロと変わらない不動産の相場観を身に付けつつ、自分が住まう場所を自らが選び、私のコンサルティングを参考に学びながら物件を自らの意思で購入を決めることです。

通常の不動産購入と【223スタイル】での不動産購入の違いを簡単に説明します

通常の不動産業者

売却依頼があった物件や業者の売主物件の情報を不動産情報サイト掲載して問合せを待ち、反響のあったお客様に物件を売って仲介手数料等の利益を得る

今まで反響のあったお客様で売却に至らなかった方を顧客リストに加え、条件にあう物件を探して内覧をお勧めし営業、気に入ったら販売をして仲介手数料等の利益を得る

堤エステートの223スタイル

まずはご入会いただいた会員様を知ることから始めます。会員様のことを知らなくてはその方にどんな不動産が最適なのかも分かりません。最適な予算等もファイナンシャルプランナーの資格を活かしたコンサルティングをするためにも、ご家族構成や今後のライフプランのご希望も含めて、お話をさせていただきます。とにかく会員様とは様々なお話をさせていただきます。

次に不動産の知識を得てもらいます。物件の見方や情報の探し方だけでなく、不動産業界の仕組みや【物件囲い込み】等の業界の問題点、不動産業者が物件を決めるための様々な手法等を知ることで、会員様自身も理論武装をしていただきます

堤エステートHPの時事放談や各ページでは、不動産業界の裏側や手法を紹介しています。

【223スタイル】の一番の特徴は不動産価格についての情報格差を無くすために、自社で構築したプロでも見る事が出来ない不動産価格を透明化する【不動産データマイング】システムを共有することです。ご自身で不動産データを見つつ情報サイトで物件を探すことで不動産に対する目を肥やしていきます。これによってその物件が高いのか安いのか、物件としての実力が価格に見合っているのか等が分かってきます。

ご覧いただけるデータの一例

競売不動産に関するデータ
競売市場における落札価格は正確な業者の仕入れ価格を知る貴重なデータです。競売物件は業者によって落札された場合には、後に一般市場で転売されるため、不動産価格の先行指標として知っておくべきだと思います。
一般不動産市場の売買データ
過去に渡って蓄積している売買データを競売データと見比べながら確認できます
一般不動産市場の賃貸データ
購入した住まいを転勤等で賃貸運用するケースもあるため賃貸相場も事前に知ることもお勧めします
地価データ
土地の地価は資産価値のある不動産を取得するために必要なデータです

これらの知っておきたいデータ以外にも地震・豪雨・地盤など『ハザードマップ』として公開されている災害区域も見るべきポイントでしょう。

もちろん物件情報を見るだけでなく、当社によるサポート体制も整えています。会員様とはLINEやZoomなどオンラインを利用して繋がります。気になる物件が出てきたらまずはご自身で検証された後、LINEを利用して当社にお知らせいただきます。

堤エステートLINE

ご自身の気になった点、価格についてなどの感想と一緒に物件のURLを送っていただくと、それに対してプロの目線で物件を検証します。そのうえで問題点などをお知らせする、いわゆる添削を行います。これを繰り返すことで、会員様の物件を見る目がプロの目線に近づいていくのです。

会員様にはネット上だけで物件を見るのではなく、実際に現地へ行って物件を見てもらいます。現地で見る物件は不動産情報では見えなかった周りの環境・日当たり・実際の外観・前面道路の幅…等の発見があります。その内容も動画や写真を送ってもらい情報を共有つつ気になる点はお伝えして検証します。これを繰り返すことでさらに物件を見る目が高まり、会員様ご自身が買うべき物件が明確になってきます。

【223スタイル】の目標は会員様に『不動産の目利き』になってもらうことです。目利きになることで、プロ同じ目線でお宝物件を取得する確率が高まってきます。

物件探しの精度が上がってきたら資金計画も明確にしていきます。近年、市場に物件が少ない状況が続いているため、優良な物件は購入希望者によって取り合いになることが多々あります。その際に住宅ローンの事前審査の承認を得ておくことで、契約に向けて一歩先にリードできます。堤エステートでは会員様の年収や属性によって最適にな金融機関や住宅ローンの商品をアドバイスいたします。

また堤エステートでは会員様に対し不動産購入だけが目的ではなく、不動産を購入することによって豊かな生活を送ることが目的と考えています。そのため無理な資金計画については見直しを提案することもあります。時には購入断念のアドバイスを行うこともあります。【223スタイル】は買い煽りなどせず、会員様にとって最良なアドバイスを正直にお伝えすることをモットーとしています。

会員様に最適な物件が見つかったら内覧を設定、現地で室内状況を確認しつつ、売主側の仲介業者と私が実務的な確認や交渉を行います。私は買主である会員様専属の仲介業者なので、買主様のメリットを最大限に考えた交渉を行います。交渉がまとまったら重要事項説明や契約を行います。この時もプロの目線で確認をします。

このように通常の不動産業者による不動産購入とは全く違うシステムが【223スタイル】です。私は長年、この仕組みこそが本来の不動産仲介の姿と思ってきました。会員様は物件情報掲載をしている業者には問い合わせせずに、まずは私に相談があります。どこに仲介を頼む方がメリットがあるのか分かっていただいているからです。

無駄な動きを削り会員様に還元します

堤エステートでは会員様から問い合わせがあれば会員様のために動きますが、会員様に対しての営業活動はいたしません。もちろん会員様の希望条件を満たすいい物を発見した時にはお知らせはしますが、基本的に会員様の自主性にお任せしています。しかしそれも【223スタイル】です。会員様には私自身が不動産を買うことと同様のことをするのがルールであり、営業するという概念はありません

当社は私と宅建士の資格も持つ妻と2人で運営をしています。社員は雇わず少数精鋭で事業を行う理由は、会員様へ最良のサービスを提供するには私自身が業務を行うことが必須と自負しています。それが【223スタイル】です。

人件費は最大の経費であり、私が納得いくサービスを提供できないような社員は必要ないと考えています。売り込むための営業活動や意味がなく無駄の多い販売活動は行うつもりがなく、無駄な業務は極限まで削りたいと思っています。そしてその分会員様に還元することを決めています。

二人三脚=223スタイル

ご自身で不動産データを見ながら物件を探すことで不動産に対する目を肥やしつつ、様々な観点から不動産を学び、私と二人三脚で物件を取得していきます。これは私自身が『世の中にこんなサービスがあったらいいな』という単純な発想から独自に始めた、それが堤エステートの会員制であり【223スタイル】です。

不動産に関するご要望は【223スタイル】をご活用下さい。納得いく結果を二人三脚で得られるお手伝いをいたします。

ZoomやLINEを活用したオンライン面談も取り入れています。お気軽にお問合せ下さい。

ご来社でのご面談お申し込みはこちら

オンライン面談のお申し込みはこちら

関連記事一覧