• サービス
  • 堤エステートならではの不動産サービス

任意売却|住宅ローンの支払いや自宅の競売でお悩みの方、まずは相談下さい

お一人で悩まれず、まずはご相談下さい

住宅ローンの返済が難しくなってきた、遅延・滞納している…等の悩みをお持ちの方、または所有している不動産が差押えや競売の申立てが行われている方は堤エステートにご相談ください。

このような場合「もう手の施しようがない…」と思い諦めてしまう方が少なくないと思いますが 任意売却 という方法で物件を売却できる場合があります。任意売却を行うことで、競売が実施される開札日の前日までに競売の取下(=競売を中止すること)が可能になります。

再生の方法は様々です

資産である不動産の整理をしながら、多重債務に陥った際の解決方法も総合的に提案いたします。お客様のケースによっては、不動産を手放さずに個人再生をお勧めする場合もあります。多重債務を整理する方法は下記の通りです。

任意整理

司法書士や弁護士が多重債務者の代理人となり、債権者と返済の交渉を行います。

メリット借金の取立てが止み、過払い金があれば戻る可能性もある。
デメリット途中で返済に行き詰るケースが多い。返済額を元本+法定利息の合計額までしか減額することができない。金融機関のブラックリストにリストアップされる。

特定調停

裁判所を通じた任意整理のような法律によって行われる調停。

メリット費用が比較的安く、借金の取立ても止む。
デメリット調停が成立しない可能性もあり、話がまとまっても再度延滞をすると給料差押など強制執行の可能性もある。金融機関のブラックリストにリストアップされる。

民事再生

民事再生は裁判所がその人の債務の額を減額してくれる債務整理の手続きです。

メリット自宅を手放さなくても済む、債務が多く任意整理ができないときに、自己破産を避けられる。借金の取立ても止む。
デメリット安定した収入がなければ利用できない制度であり、手続きが複雑でまとまった費用がかかる。金融機関のブラックリストと官報にリストアップされる。

自己破産

自己破産は今ある借金をすべて支払う必要がなくなり、債務者の経済的な負担の最も少ない多重債務の整理方法です。

メリット借金返済が免除され、借金の取立ても止む。
デメリット自宅を保持することはできず、警備員や宅地建物取引主任者、生命保険外務員など特定の資格を要する仕事には就けなくなる。金融機関のブラックリストと官報にリストアップされる。

これらは司法書士や弁護士などの法律家に手続きを依頼する必要があります。堤エステートではご相談いただくお客様にとって最適な方法を提案し、司法書士や弁護士をご紹介いたします。

不動産の悩み解決と同時に今までの問題をリセットして、 新しいスタートラインに立てるよう全面的にサポートいたします。

強い交渉力でバックアップ

不動産が競売に出てしまった場合、競売情報は裁判所を通して各管轄の裁判所内(閲覧室で誰でも閲覧が可能です)や新聞などに公告されます。また競売情報を入手した不動産業者等が、物件を入札するために現地調査を行います。このことで近隣の住人に不動産が競売に出ていることが表面化してしまい、所有者やその家族は精神的な苦痛を味わうことになります。

また競売で強制売却された場合、売却代金のほとんどが債権者への債務の返済として充てられ、債務者(所有者)の手元には一銭も残らず物件から退去しなくてはなりません。しかし任意売却による債権の返済は、不動産業者の交渉によって売却代金の中から支払われます。そして「引越し代」や「立ち退き費用」等の名目で金銭を残せるケースも多々あります。

債権者は銀行・信用金庫・信用保証協会等々の金融機関の場合が多く、「任意売却の交渉」には不良債権処理のノウハウと実績、そして強い交渉力が必要とされどの不動産業者でもできるわけではありません

堤エステートではこれまで多くの競売不動産を取扱ってきた実績、そして任意売却のノウハウと交渉力をもとに、多くの不良債権処理を行い問題を解決してきました。

堤エステートが行う不良債権処理は、債務者の立場に立ち再スタートをするための交渉を基本理念としており、所有物件の売却だけではなく、所有不動産売却後の賃貸物件の斡旋等を含め債務者を可能な限りバックアップいたします。

お一人で悩む前に、まずはプロに相談して問題を解決しませんか? 所有不動産でお悩みの方は、ぜひ堤エステートまでご相談ください。

関連記事一覧