不動産時事放談|物件情報サイトにあふれる売主物件のこと

物件情報サイトにあふれる【売主物件】のこと

物件情報のなかの取引態様を見ると【売主】と記載がある場合、購入する買い客に仲介手数料はかかりません。

また売主物件は仲介業者にとってもメリットがあります。売主物件は、売主業者から仲介してくれた不動産業者に仲介手数料が出るケースがほとんどです。仲介業者にとって仲介手数料が出る売主物件を売った方が、効率よく稼げるため積極的に広告(物件登録)をします。

宅建協会の情報サイトふれんずは、売買物件の場合は30物件まで無料で掲載出来ます。そのため不動産業者は毎日のように売主物件を追いかけ、ふれんずの新規登録に群がるのです。

そのため同じ物件が複数掲載されている物件情報の中には【売主】と【仲介(取引態様では一般媒介と記載)】が混在している状態になります。

では一般エンドユーザーの方が、売主に直接問い合わせれば仲介手数料はかからない物件を、あえて仲介手数料がかかる仲介業者に問い合わせるメリットは何でしょうか?

正直、現状の予想は一般エンドユーザーは何も分からず『なんとなく』で物件を選んで業者に問合せをしている人が多いと思います。

まず知って欲しいのは、売主の販売に対する姿勢が各業者によって様々ということ。基本的に売主は、販売している物件を売りたい・買って欲しいはずです。

一方、本来の買主側の仲介業者の役割はなんでしょうか?

  • 売主との間に入ってプロの目線による物件の査定や状態の調査
  • その物件が買主にとって本当にいいものであるのか
  • 価格交渉を含めた各種条件交渉と契約を行うこと
  • プラスアルファを求めるなら、資金計画や住宅ローンの選定など

上記のように仲介業者が提供できるサービスは多岐にわたります。それらの対価として仲介手数料を支払う価値を感じることができれば、メリットかあるのではないでしょうか。

しかし仲介手数料は、物件購入の際に発生する諸費用の中で大きな割合を占めるものです。少しでも安く買いたいお客様にとっては、よっぽど納得できないサービスでなかったら、安さを求める気持ちも理解できます。

ならば堤エステートは、最良のサービスを提供しつつ、売主から仲介手数料が出る物件に関しては、基本的に仲介手数料をいただかないことにしています。そうすることで、売主物件を購入したいお客様であっても堤エステートの仲介だからできるサービスを提供できます。

堤エステートの仲介では、物件の客観的な価値を示しつつ、過去の販売・成約・賃貸事例をはじめとする他社が持たないデータをご覧いただきながら、理論的に物件の資産価値などもご説明します。物件を売るためのコンサルティングは一切いたしません。

物件価格が割高と堤エステートが判断すれば、積極的に価格交渉も行い、今までにないプロと一般ユーザーの情報格差のない取引を行います。

そして100戦錬磨のプロの売主には、プロが対応する価値ある仲介業を目指しています。


関連記事一覧